刺青の除去はレーザーが安全|心機一転綺麗な素肌

婦人

なかったことにできる

刺青

ある程度は自分で隠せる

刺青を入れてしまったけれど、事情が変わったりして隠したいと思うことはありませんか。一度入れてしまうと簡単には消すことができません。自分で何とか隠せないかと思うこともあるでしょう。ある程度であれば、ファンデーションで隠すこともできます。実際に、ファンデーションを厚く塗って隠している人もいるようです。常に長袖など洋服で隠すと言う人もいますが、どうしても刺青のある場所が隠れないこともあるでしょう。自力で除去とまではいきませんが、隠すことはできるので、評判の良い化粧品を探して隠すと良いかもしれません。ただし、温泉などに行くと、化粧品は落ちてしまうでしょうから医療機関で除去することも前向きに考えたほうが良いかもしれません。

医療機関では何をするか

実際に、医療機関を受診して、刺青を除去するときは、具体的にどんな方法があるかを知っておいたほうがいいでしょう。クリニックによっても多少違いはあるようです。少しずつ皮膚を切除していく方法があります。皮膚を伸ばしながら少しずつ皮膚を切り取ってしまいます。傷跡もわかりにくく仕上げてもらえるので、ほとんど刺青がどこにあったかわからなくなります。広範囲ともなるとこれでは除去しきれません。レーザーを照射してきれいにできます。今ではレーザー照射だけでかなり目立たなくなります。他には皮膚移植という方法もあります。どの方法が良いかは、医師と相談した上で決めましょう。ほとんど刺青がわからなくなるので、治療を考えてみてください。