刺青の除去はレーザーが安全|心機一転綺麗な素肌

スタイル

若気の至りを消し去るには

入れ墨

刺青はいったん入れてしまうと完全に除去することは困難ですが、傷跡が残るリスクを受け入れられるならば手術によって取り除くことができます。また、小さな刺青であればレーザー治療によって跡を残さずに除去することも可能です。

詳細を読む

なかったことにできる

刺青

入れてしまった刺青はある程度隠せます。洋服で隠すだけではなく、ファンデーションを厚く塗って隠すこともできます。刺青除去は医療機関で行っています。皮膚を少しずつ切除したり、レーザー照射や皮膚移植などがあります。

詳細を読む

しっかりと考えよう

背中

入れるよりも除去するほうが難しいとされているのが刺青です。ファッション感覚で入れる前に、入れた後の生活についてもしっかりと考えるということが必要となります。刺青の除去手術はやり直しがきかないため、慎重に検討しましょう。

詳細を読む

除去の方法とは

刺青

注意しておきたいこととは

心機一転綺麗な素肌にするために刺青の除去を考えた場合、どの方法で行うかというのは非常に大切となります。特にレーザーでの除去を望むときには、しっかりと確認しておきたいことがあるのです。それは刺青の色です。というのも赤、青、緑といった色はレーザーでは消しことができず、薄っすらと残ってしまうこともあるのです。とはいっても近年では、こうした色も消すことが可能なレーザーも登場してきています。ですので、こうした色が使われている刺青の場合には、医師にしっかりとレーザーでの除去が可能かを確認しておくことが必要でしょう。除去を専門的に行っている病院ならば、殆んどの場合問題はありません。ですがそうでない場合は、確認の上難しいようならば専門医を紹介してもらうと良いのです。

どんな特徴があるのか

刺青の除去方法というのは、大きく分けると2つあります。まず皮膚そのものを切り取り除去する方法ですが、これは一度の施術で確実に刺青を除去できるのが特徴です。但し、1度に切除できる皮膚の大きさには限界があります。ですので大きな刺青の場合ですと、切り取るための皮膚が再生するのを待つ必要があるので、完全に除去するには何度か施術を繰り返す形となるのです。次にレーザーによる除去方法ですが、こちらは完全に除去するためには長期間の治療が必要となります。徐々に 色を抜いていく形になる上、施術と施術との間は平均2ヶ月ほどあける必要があるのです。ですが傷跡なども残りませんし、皮膚の薄い部位にも行うことが可能となっています。